Jordan

王族のごとく気高いラリー

歴史的な遺跡に、起伏の激しい風景、パーティーのような雰囲気。H.O.G.ヨルダン王国チャプター第7回ラリーからのレポート

H.O.G.™ヨルダン王国チャプター主催による第7回目のラリーのモットーは、「Let’s Ride with Pride」(誇り高く走ろう)。世界中から多くのハーレーライダーたちが、この地に集結した。


9月19日~22日に開催された「Royal Tour 2019」で、参加者はいっせいにアンマンからシリア国境、そして世界で一番標高の低い死海沿岸部までツーリングし、心に残る1日目の夜をこの海岸地帯で迎えた。

2日目、参加者はペトラ遺跡を横目に見ながら Royal Ancient Road を通り、海抜マイナス400mから海抜1000mの高低差を駆け上って行く。それからまた坂道を下り、サウジアラビアとエジプトの国境にあるビーチへとたどり着くと、そこはアカバの港町だ。

最終日はこのアカバで、ディナーにビーチパーティが開催され、お祭りムードが最高潮を迎えた。

「たくさんの笑顔が見られ、笑い声を聞くことができて、最高にハッピーだった。素晴らしいイベントにしてくれた主催者、スポンサー、ボランティア、参加者に敬意を表したいね!」と、 Nidal Mihyar 氏は語った。