Positioning

あなたのシートは快適?

体格に合わせてバイクを調整し、よりスムーズで安定感のある走りを実現しよう

シート、ハンドルバー、フットコントロールの位置を調整すると、バイクの乗り心地、操作性、安心感が大きく変わります。自分の体格に合わせてバイクを調整する際の注意点を紹介します。

サドル

乗車時の快適性、フィット感、安心感に影響するのがシートの高さと形状です。シートポジションは、フットコントロール、ハンドコントロール、足つき性に直接関連し、運転時の快適さの鍵を握ります。

シートは身長の低いライダーでも地面に足が届くようなデザインになっており、ライダーが無理なく足を接地でき、よりコントロール部に近いポジションになるように造型されています。細いノーズ部分によって低速時の操作性が向上し、長時間の運転にも耐えられるよう十分なシート幅が設けられています。

トールボーイコレクションのシートでは、乗車姿勢がより後方へ移動するため、手足の長いライダーが乗っても動きが制限され過ぎず、長時間の運転でも足のしびれや背中への負担を最小限に抑えることができます。

低いライディングポジションがお好みのライダーのために、特定モデル向けのブロウラーやバッドランダーのようなロープロファイルシートオプションも用意されています。シート高が抑えられ、より縦長な形状なので、コントロール部から離れた乗車姿勢となります。

バーの上げ下げ

腕部、手、手首の位置を決めるバーのポジションは、バイクの乗り心地に直結します。無理なく手中に収まり、操作時にシートから腰が離れないようなバーを選びましょう。ハンドルバーを一杯に切ってもハンドコントロールに手が届く必要があります。

ニーズや好みに合わせて数々のハンドルバーオプションが用意されています。

ドラッグハンドルバー: 幅が狭く、フラットな形状のアグレッシブなドラッグバーは、肘が真っすぐに伸び手と手首に無理な力がかからないドライビングポジションがとれます。曲線または直線のライザーとドラッグバーを併用することでコントロールまでの距離を最小化し、最高の乗り心地になります。

ビーチハンドルバー:ビーチバーはロータイプで幅が広く、腕を広げて運転することができるので圧迫感がありません。ほとんどのライダーには幅が広すぎるかもしれませんが、腕の長いライダーにとっては理想的なハンドルバーになるでしょう。

エイプハンガー&トールボーイハンドルバー:腕の長いライダーは、縦長、幅広スタイルのエイプハンガーとトールボーイハンドルバーを装着することで「拳で風を感じる」クラシックな乗車姿勢をとることができ、長時間快適に運転することができます。注意:多くの地域でハンドルバーの高さに対する規制が設けられています。トールタイプのハンドルバーを装着する際には、お住いの国における法律を確認してください。

チゼルハンドルバー:腕が高い位置に来るミニエイプハンドルバーに、幅の狭いドラッグバーのデザインを取り入れて、最先端のチゼルハンドルバーが誕生しました。肩幅と同じぐらいの長さを持つハンドルバーで肘が閉じ、腕が真っすぐに伸びます。手首や手も無理な力がかからず、手のひらを下にしたニュートラルなポジションになります。

フットコントロール

足の位置を変えることで、筋肉のこわばり、尾てい骨への圧迫が抑えられ、疲労感が和らぎます。その結果、より長時間、長距離を快適に運転することができます。フットポジションをサポートするためのバイクの調整方法をいくつかご紹介します。

  • 足が膝の下に位置するミッドコントロールポジションの場合、スポーティーな乗車姿勢になります。
  • ファーザーフォワードミッドコントロールにすると、長身のライダーでも足を降ろした快適なライディングポジションになります。
  • リーチ削減フォワードコントロールなら、コントロールへのリーチが阻害されることなく、フットフォワードの街乗りスタイルをとることができます。
  • スタンダードフォワードコントロールにすると、「足裏で風を感じる」脚を伸ばしたゆったりとしたスタイルになります。
  • フロアボードによって足全体が支えられ、背筋の伸びた快適な乗車姿勢をとることができます。
  • 往々にして、サスペンションを上下させて乗車時の高さを調整することが、バイクを自分の体格に合わせて調整する第一歩となります。停車時に必ず足が地面につくということが、乗車時の安心感を高めてくれます。

まとめ

背の低いライダーは、リーチシートなどのシートをミッドコントロールや低いサスペンションと併用してバイクを調整しましょう。

背の高いライダーはトールボーイのような座面の長いシートや延長タイプのフットコントロールに付け替えてバイクを調整してみましょう。

シート、ハンドルバー、フットコントロールの全ラインナップや、所有モデルとの適合性を確認するには、お近くの正規ディーラーにお問い合わせください。