【FREEDOM MAGAZINE】
111年の歴史を誇るバイクの聖地、マン島TTレースに集ったハーレーライダーたち

1907年に始まり、現在も当時と同じように公道を閉鎖して行われている世界最古のオートバイレース、マン島TTレース。日常の空間である道路が一瞬にして非日常のサーキットと化し、攻略の難しさや過酷さ、多彩な関連イベント、長きに渡る歴史や伝説の数々がライダーたちを魅了し、毎年世界中から島の人口に匹敵するほどのバイクがこの小さな島に集まります。
ハーレー乗りは、ロードレースのメッカであるマン島においてはやや珍しい存在ですが、バイクを愛するスピリッツはレースバイクもハーレーもみな同じ。
今回、マン島TTレースで出会ったバイカーたちを、マン島歴23年の小林 ゆきが紹介します。