ポール ・ J・ ジョーンズ

CLO(最高法務責任者)兼バイス・プレジデント
ハーレーダビッドソン社

ジョーンズ氏はハーレーダビッドソン社CLO(最高法務責任者)兼バイス・プレジデントであり、執行役員兼経営陣チームメンバーの一員です。最高法務責任者として、会社の法務部門を管理し、会社のすべての法的事項、ならびに会社の製品の整合性および公共政策/政府業務機能を監督しています。 また、会社の最高倫理、コンプライアンス責任者、および会社の取締役会のコーポレート秘書も務めています。


彼は、米国消費財業界貿易諮問委員会(ITAC 4)、米国商務長官、米国貿易代表者による共同任命の業界代表、およびスイスのジュネーブにある国際オートバイ製造業者協会の会長を務めています。  また、彼は全米製造業協会および米国オートバイ製造業協会の理事会のメンバーです。  彼はウィスコンシンのジュニア・アチーブメント、グレーター・ミルウォーキー財団、およびミルウォーキーの西側近郊に位置する近隣アンカー研究施設による再活性化に取り組むニア・ウェスト・サイド社の役員を務めています。

前職ではリーガルベロイト社の一般カウンセル部門長および書記を歴任しており、  ウィスコンシン州最高裁判所の司法裁判官およびウィスコンシン州議会の政策アナリストを務めました。

なお、彼はノースウェスタン大学でMBA、ジョージタウン大学で法学の学位、そしてウィスコンシン大学ホワイトウォーター校で学士号を取得しました。