ジュリー・アンディング


人事部長 兼 最高人事責任者

 


ジュリー・アンディングはHarley-Davidson, Inc.の人事部長 兼 最高人事責任者です。アンディング氏は経営幹部チームのメンバーであり、会社の代表者かつ Harley-Davidson Inc.の人事委員会に対するアドバイザーです。取締役会彼女の職務は、世界中にいる約200名の人事専門チームと4連携し、戦略的な方向性を指示し、組織の労働力戦略を実践することです。具体的には、生産性、従業員のバリュープロポジションと経験、技術継承の計画、人材管理、組織とパフォーマンス管理、リーダーシップ開発、報奨と福利厚生、労使関係とグローバル・インクルージョンといった戦略を主導しています。ハーレーダビッドソン財団の会長も務めます。

過去 20 年間、彼女はハーレーダビッドソンの人事において様々なリーダーシップを発揮しています。組織開発、変更管理、人材管理、リーダーシップ開発、従業員指導、パフォーマンス管理、多様性・インクルージョン、人事情報システムや戦略的人事計画などを担当しています。前職では、学生サービスや高等教育におけるカウンセラーとして働いていました。  

彼女は現在、ミルウォーキー チェンバー シアターとウィスコンシン大学ホワイトウォーター校財団理事会の取締役会に務めています。また、彼女は以前、全米カレッジ・大学協会およびLEAP (協会が行っている教養教育に関する取り組み) のための大学リーダーシップ評議会を行った経験があるほか、WRTP/Big Step (ウィスコンシン州地域研修パートナーシップ) の取締役会のメンバーの一員でした。

彼女は、ウィスコンシン大学ホワイトウォーター校で心理学の理学士号、そしてガイダンスとカウンセリングの理学修士号を取得しています。そして、カリフォルニア州サンタバーバラのフィールディング大学院で人文・組織システムの博士号を取得しています。