ハーレーダビッドソン

当社について

1903年、ウィスコンシン州ミルウォーキーの小さな小屋で、4人の若者が、世代を超えて世界中に広がる文化に火をつけました。二輪車の可能性に対する彼らの革新と想像力は、交通に革命をもたらし、新しいライフスタイルを示しました。それにより、ハーレーダビッドソンは世界中から羨望の眼差しを集めるバイクブランドになりました。1世紀以上たった今も、ハーレーダビッドソンはモーターサイクルカルチャーとライフスタイルを提供し続けています。あらゆる製品や体験を通して、魂を揺さぶる感情を呼び起こします。それはこの先も変わりません。

ハイウェイを走るツーリングバイク
当社の使命
ラインナップの充実はもとより、時代を超えた冒険と魂の解放を皆様と共に追求します。
ハーレーダビッドソン博物館で壁に展示されたバイクタンク壁を見ている人
当社のビジョン
革新と進化、そして情熱で伝説を築き上げ、業界をリードする。 
テキスト

当社の文化H-D#1 

当社の精神と魂に新たな火を付けるため、企業文化を再定義しています。当社では、この文化を創り上げるジャーニーを「H-D#1」と呼んでいます。これは、1969年の全米レーシングチャンピオンシップでの勝利を記念して作られた、ナンバーワンロゴをモチーフにしたものです。このナンバーワンロゴは、勝利とそれに至るまでの努力を表す、当社の象徴と言えるものです。H-D#1リーダーシップの10の原則のもと、当社の社員やディーラーは、 勝利と好成績を収める企業を目指し続けます。 

H-D#1リーダーシップ原則

 

Communication (コミュニケーション) - 目的、構造、事実、インスピレーションを意識したコミュニケーションを行う

Agility (アジリティ) - 急速に変化する環境の中で加速し、革新し、成功する

Impact (インパクト) - プロセスではなくインパクトにフォーカスし、結果を重視する

Simplicity (シンプル) - 結果を達成する最もシンプルな方法を追求する

Speed (スピード) - 完璧を求めてプロセスやペースを犠牲にしない

Culture (文化) - 偏見を持たず、正直、ポジティブ、クリエイティブである。成功のために努力し、楽しむ。

Courage (勇気) -リスクを恐れず、常識に逆らう

Judgment (判断) -戦略的に考え、情報に基づいた意思決定を行う

Focus (フォーカス) - 魅力を高める有意義なチャンスを絞り込み、それにフォーカスする

Lean (効率) - 限られたリソースでインパクトを最大化する

砂漠に2台のPan America
当社の戦略計画
The Hardwire (ハードワイヤー)は、当社のミッションとビジョンに基づく、ハーレーダビッドソンの2021~2025年にわたる戦略計画です。この計画では、ブランドの拡大・強化や、すべてのステークホルダーに価値を提供することに注力し、長期的な利益成長を目指します。The Hardwireは、ハーレーダビッドソンの魅力を高め、独自のライフスタイルブランドを活性させることを目的としたものです。この取り組みにより、最も重要な製品、セグメント、地域の可能性を引き出します。これには、当社の補完的事業における成長と、リーダーシップを執ることのできる分野への選択的拡大が含まれます。
「当社の潜在能力を最大限に引き出し、リーダーシップを持って利益を優先させ、強化された製品と最先端のデジタル機能の提供によってこのライフスタイルブランドを活性化します。The Hardwireにより、すべての人にとってハーレーダビッドソンの魅力を高めていきます。」 
ヨッヘン・ツァイツ(Jochen Zeitz)
ハーレーダビッドソン社 会長/社長兼CEO(最高経営責任者)
当社が目指すもの: 世界中から憧れのバイクブランドとしての地位を高める

憧れは感情を突き動かし、原動力となります。ハーレーダビッドソンは、これまで長い間、憧れられるブランドであるための取り組みを続けてきました。それは当社のDNAであり、 当社のビジョンに組み込まれ、 当社の使命の核心となっています。 そして、  118年にわたって受け継がれてきた財産でもあります。

世界中から羨望の眼差しを集めるバイクブランドとしての地位を高めるため、当社は次のことを行います。

 

  • 品質、革新性、クラフトマンシップを反映した、世界中から羨望の眼差しを集めるバイクのデザイン、エンジニアリング、開発
  • ライダー以外も含め、あらゆる人に向けた製品や体験すべてに情熱を映し出し、ライフスタイルブランドを構築する
  • お客様にフォーカスし、冒険の追求と魂の自由を後押しする

 

The Hardwireの戦略的優先事項

利益重視

  

最も強力なモーターサイクルセグメントへの投資

ハーレーダビッドソンは、ツーリング、大型クルーザー、トライクなど、最も強力で収益性の高いモーターサイクルセグメントに時間とリソースを投資し、リーダーシップの強化と成長を図ります。これらのセグメントは最も収益性が高く、新車・中古車販売の総需要*が堅調に推移しています。このような有望な各セグメントに、市場をリードするイノベーション、進化、情熱という当社のビジョンに沿った製品を提供することで、再購入を促すと同時に、新規顧客の獲得を目指します。 

 

*米国の中古車・新車データに基づく総需要。中古車台数は、ハーレーダビッドソンがツーリングと大型クルーザーに分類するモデルの、オンハイウェイおよびデュアルバイク(1201cc以上)の米国モーターサイクル(2015~2019年)における、IHS Markit 中古車登録台数データをもとに算出しています。新車情報は米国総務省の販売データを反映しています。

道路脇でFLHXSEの横に立つ女性

選択的拡大と再定義

  

魅力的なモーターサイクルセグメントで成功するために

当社では、モーターサイクルセグメントを絞った、選択的拡大を計画しています。アドベンチャーツーリングやミドルウェイトクルーザーなど、収益性が高く、当社の製品やブランド力にマッチするセグメントに重点を置きます。

地理的な拠点を再定義し、当社の将来的な成長が最も見込めるグローバル市場にフォーカスします。優先市場には、米国、DACH(ドイツ、オーストリア、スイス)、日本、中国、カナダ、フランス、英国、イタリア、オーストラリア、ニュージーランドが含まれます。

また、プレミアムな低排気量パートナーシップを通じ、望ましい長期的成長の道を今後も探求し続けます。

Pan Americaに乗って砂漠のオフロードを走る人

電動化をリード 

  

電動モーターサイクル市場をリードするための投資

電動モーターサイクルは今後のハーレーダビッドソンにとって重要なものであり、当社は電動モーターサイクル市場をリードするための取り組みに注力し、情熱を注いでいます。 

当社が誇るLiveWire®はこの分野のパイオニアであり、世界をリードする電動スポーツバイクとして広く知られています。電動化をリードするという当社コミットメントの一環として、世界で類を見ない電動モーターサイクルを提供することに特化した、独立部門を設立します。 

山々を背に立つLivewire

バイクを超える成長

  

補完事業の拡大と、製品の枠を超えたエンゲージメント

当社の作り出す製品、サービス、体験は、冒険や魂の解放を実現し、ハーレーダビッドソンのライフスタイルを楽しむよう、お客様を駆り立てます。パーツ&&アクセサリー事業、総合小売業、金融サービス事業は、グローバルなライフスタイル ブランドとしての今後の成功において重要な柱となります。The Hardwireは、提供する製品とプログラムの刷新、実行力の強化、デジタルおよび販売店での購入機会の促進により、各事業の成長と収益性を伸張させます。 
ライダースジャケットを脱ぎながら歩く男性

顧客体験

  

ライダーと非ライダーとのつながりを深める

The Hardwireは、モーターサイクルに憧れる人や、乗り始めたビギナーから、ハーレーダビッドソンのライフスタイルを生きがいにするライダーまで、あらゆるお客様を当社の製品や体験の中心と捉え、投資しています。お客様の様々なニーズや期待を見極め、個々のニーズに合わせたタッチポイントを構築しています。統合されたデータを活用しながら、お客様とシームレスに関わり、常にハーレーダビッドソンとの有意義かつユニークでパーソナライズされた体験を提供することを目標としています。 
バイクを背にキャンプファイヤーを囲む人たち

包括的なステークホルダーマネジメント

  

人、地球、利益の優先

ハーレーダビッドソンでは、人(社員、ディーラー、お客様、サプライヤー、投資家、社会)、地球、利益など、すべてのステークホルダーに長期的な価値を提供するために尽力しています。包括的なステークホルダーマネジメントは、社会における当社の役割について考えるうえでの統合的なテーマであり、単なる業績を超えた目的となっています。

包括的なステークホルダーマネジメントの取り組みには、次のものが含まれます。

• パフォーマンスやエンゲージメントの高い、多様な人材の育成

• 倫理性、サステナビリティ、公平性に基づいた購買・調達を重視する強力なディーラーネットワークと供給基盤を持つ、包括的なコミュニティの構築

• 環境負荷ゼロに向けた取り組み

• 社員報酬と株主との密接な連携

霧の中の橋を走るバイク
当社についての詳細

ハーレーダビッドソン社の詳細については、当社のIRサイトをご覧ください。 

投資家向け情報