正しいフィットポジションを探すとき、ハンドルバーを握った時の手、手首、腕、肩、そして背中の位置に無理がないことを確認して下さい。快適にコントロールできることを常に最優先しますが、ハンドルバーの種類を変えることで好みのスタイルに味付けすることができます。

  1. 標準装備のハンドルバーとライザー
  2. ドラッグハンドルバー
  3. エイプハンガーとトールボーイ・バー
  4. ワイドビーチバー
  5. ナロービーチバー
  1. 標準装備のハンドルバーとライザー
  2. ドラッグハンドルバー
  3. エイプハンガーとトールボーイ・バー
  4. ワイドビーチバー
  5. ナロービーチバー

最新モデルの適合に関しては、お近くの正規販売店にご確認下さい。
ローダウンサスペンションが標準装備されているモデルも有ります。あなたに最適なシートの選択には販売店にご相談下さい。